熊本工、2回戦で涙 関東一に5―6 全国高校野球

©株式会社熊本日日新聞社

【関東第一-熊本工】4回表熊本工2死二塁。内田が右前に適時打を放つ=甲子園

 第101回全国高校野球選手権大会(甲子園)第9日の14日、県代表の熊本工は関東第一(東東京)との2回戦に臨み、5-6で惜敗した。

 熊本工は1点を追う四回、2死二塁から内田雄大の右前適時打で同点に追い付いたが、五回に5連打に失策も絡んで一挙4失点。七回に山口環生と江川輝琉亜の適時打など4安打で3点を奪い1点差まで詰め寄った。しかし、その裏に2点差にリードを広げられると、九回の反撃もあと一歩及ばなかった。