嵐・大野智が義足の少女の夢をかなえる「100人ダンス」を国技館で生披露

©株式会社東京ニュース通信社

8月24、25日放送の日本テレビ系「24時間テレビ42」(時間未定)で、メインパーソナリティーの嵐・大野智が義足の少女の夢をかなえる「100人ダンス企画」を国技館で生披露することが分かった。

同番組は1978年から毎年放送されている生放送のチャリティー番組で、今年は「人と人~ともに新たな時代へ~」をテーマに、メインパーソナリティーを嵐、チャリティーパーソナリティーを浅田真央が務める。

大野は、生後間もなく右足を失った11歳の澁澤くるみちゃんの「双子の姉と一緒にダンスをするのが大好き! もっと大勢の人と踊ってみたい!」という夢をかなえるために全力サポート。都立狛江高校ダンス部と共に、国技館でくるみちゃんの大好きなディズニー「アラジン」の世界を総勢100人のダンスパフォーマンスで表現する。

また、人気バラエティー「世界の果てまでイッテQ」(日曜午後7:58)の“イッテQ遠泳部”の宮川大輔、中岡創一、みやぞんが、義足の小学6年生や手足に麻痺がある中学3年生ら4人と共に、鹿児島県の錦江湾を横断する約4.2キロの遠泳チャレンジに挑むことも決まった。合計7人で桜島から対岸まで完泳を目指すことになる宮川は「みんな小学校生活、中学校生活最後の夏。来年新しい環境に向かうにあたって、自信をつけてくれたらうれしい。一番大切なことは、自分がどれだけ楽しめたか、自分がどれだけ熱くなれたか。みんなで助け合ったり励まし合ったりできる、いいチームを作って全員で泳ぎ切りたい」と意気込んでいる。