山崎賢人:新田真剣佑とイチャイチャ 永野芽郁に「2人だけの世界に入らないで」とくぎを刺され…

©株式会社MANTAN

劇場版アニメ「二ノ国」の中高生限定スペシャルトークイベントに登場した山崎賢人さん

 俳優の山崎賢人さんが8月14日、東京都内で行われた劇場版アニメ「二ノ国」(百瀬義行監督、23日公開)の中高生限定スペシャルトークイベントに新田真剣佑さん、永野芽郁さんと登場。劇中で主人公ユウの声を演じた山崎さんは、親友ハルの声を演じた新田さんと実際に仲が良いといい「知らない人と急にやるよりナチュラルなキャッチボールができたんじゃないかと思います」と笑顔で語った。コトナ&アーシャ姫の声を担当した永野さんから「私がいても、2人でずっとイチャイチャしているんですよ。何しゃべっているか分からないし……。2人の世界に入るのだけは、そろそろ気をつけていただきたいな、と」とくぎを刺されると、山崎さんと新田さんは「すみませんでした。気をつけます」と苦笑いを浮かべていた。

 また、山崎さんは、新田さんとの友情が作品に影響を与えたかと聞かれると「すごかったです」とうなずいていた。「4日ぐらいで録(と)らせていただいたんですけど、4日目に真剣(佑)と(一緒に)録らせていただいて。何の緊張もせず、いい空気感の中で……。最高でしたね」と手応えを語った。

 トークイベントでは、会場に集まった中高生からの質問に3人が答える企画も実施。「親友と同じ人を好きになったら?」と聞かれた山崎さんは、「相手がどうなのかな、というのがまず気になりますよね。好きな人が、友達と自分、どっちが好きなんだろう、というのが結構大事だなと」と回答し、新田さんも同意。ただ永野さんは「譲らないです。『別にいいかな、好きだから』って思う」と独自の意見を語り、山崎さんを「やっぱりカッコいいな、そっちの方が」と感心させていた。

 「二ノ国」は、ゲーム「妖怪ウォッチ」や「レイトン教授」シリーズで知られるレベルファイブの手がける人気RPGシリーズ。劇場版アニメは、高校生のユウと親友のハルが幼なじみのコトナを巡る事件をきっかけに二つの世界を行き来する……というストーリー。製作総指揮と原案・脚本を同社の日野晃博社長が担当。山崎さんが主人公ユウ、新田さんがユウの親友のハル、永野さんがユウとハルの幼なじみのコトナと異世界の二ノ国のアーシャ姫の2役の声優を担当する。宮野真守さん、津田健次郎さん、梶裕貴さん、坂本真綾さん、山寺宏一さんらも出演している。