慰安婦問題で集会「真の謝罪を」

記念日に都内で、日本の学生ら

©一般社団法人共同通信社

慰安婦問題を考える集会で話す「日本軍『慰安婦』問題解決全国行動」の梁澄子共同代表=14日午後、東京都千代田区

 旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡り、韓国が被害の記憶を伝える記念日と定めた14日、市民団体「日本軍『慰安婦』問題解決全国行動」は、大学生らと慰安婦問題を考える集会を都内で開いた。大学生らは「重大な人権侵害。日本は真の謝罪をし被害者と向き合って」と訴えた。

 今春訪韓し慰安婦問題を学んだ学生らが帰国後、アジア史などを学ぶ大学生ら約300人に実施したアンケート結果を公表。慰安婦問題で日本が謝罪したと思うかを尋ねると、「はい」「いいえ」がほぼ同数だった。「被害者に寄り添っていない」との意見もあったという。