相模湾や三浦半島高波、県西部大雨も 台風10号で気象台

©株式会社神奈川新聞社

横浜地方気象台

 台風10号の影響で、県内も16日にかけて高波や大雨の恐れがある。横浜地方気象台によると、三浦半島の東京湾側では15日未明から、うねりを伴った高波への警戒が必要。低い土地の浸水や土砂災害、落雷、突風、高潮などにも注意を呼び掛けている。

 15日に予想される波の高さは、東京湾(三浦半島)と相模湾で4メートル、東京湾(横浜・川崎)は1.5メートル。うねりを伴った高波は16日以降も続く見込みという。

 また、大気の状態が不安定となり、西部の山地を中心に雷を伴って1時間30ミリの激しい雨が降るとみている。15日夕までの24時間に予想される雨量は、東部の多い所で40ミリ、西部は140ミリ。その後の24時間では東部で50~100ミリ、西部は100~200ミリと予想している。