台風10号、15日熊本県内に最接近 気象台、警戒呼び掛け

©株式会社熊本日日新聞社

台風の接近に備え、釣り堀のすだれを畳む業者ら=14日午後4時すぎ、天草市五和町

 大型の台風10号は、15日の明け方から朝にかけて県内に最も接近する見通し。熊本地方気象台によると、県内は15日未明から昼すぎにかけて風速25メートル以上の暴風域に入る見込み。気象台は暴風や土砂災害、低い土地の浸水、高潮などに厳重な警戒を求めている。

 県内の雨のピークは15日昼前から夕方まで。同日夕までの24時間雨量は山沿いなど多いところで300ミリ、1時間に70ミリの非常に激しい雨が降る恐れがある。最大瞬間風速は35メートルを予想。県内が風速15メートル以上の強風域を抜けるのは16日未明になりそうだ。

 台風の接近で14日、交通機関に影響が出た。空の便は天草エアラインが2便を欠航。海の便は熊本フェリーが全便欠航。有明フェリーと九商フェリー、島原鉄道フェリーも午後の便を全便欠航した。フェリー各社は15日も全便欠航する。

 15日は九州新幹線が2割減便して運転。JR豊肥線と肥薩線は一部区間で運転見合わせ。空の便はジェットスターが熊本発着便を全便欠航する。

 天草市五和町でイルカウオッチングを営業する丸健水産の野崎健社長(66)は「一番の繁忙期に営業できず大変残念だ」と頭を抱える。別の業者は釣り堀用のいかだをロープで固定するなど対応に追われていた。(米本充宏、堀江利雅、緒方李咲)