玉城ティナ:深Vネックのミニワンピですらり美脚 花柄&リボンでラブリーに

©株式会社MANTAN

映画「惡の華」の完成披露舞台あいさつに登場した玉城ティナさん

 モデルで女優の玉城ティナさんが8月8日、東京都内で開催された伊藤健太郎さんの主演映画「惡の華」(井口昇監督、9月27日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。深いVネックのミニワンピースで、美しい肌やすらりとした美脚を見せた装いだった。

 ワンピースは黒地に赤い花柄で、襟元や裾に黒いレースがあしらわれ、胸元にスパンコールのリボンが付いたラブリーなデザイン。黒いハイヒールサンダルを合わせてシンプルに着こなしていた。

 映画は押見修造さんの異色マンガが原作。中学2年の春日(伊藤さん)は、ボードレールの詩集「惡の華」を心のよりどころに、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある日、春日は教室で憧れのクラスメートの佐伯奈々子(秋田汐梨さん)の体操着を見つけてつかみ、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃した仲村(玉城さん)は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まる……というストーリー。

 イベントには伊藤さん、秋田さん、飯豊まりえさん、井口監督も登壇した。