悪魔的だ~!藤原竜也『カイジ』最終章でもパワーワード連発!特報公開

©株式会社シネマトゥデイ

最終章でカイジがたどる運命は? - (C) 福本伸行 講談社/2020映画「カイジ ファイナルゲーム」製作委員会

 漫画家・福本伸行の代表作を藤原竜也主演で実写映画化した、人気シリーズの完結編『カイジ ファイナルゲーム』から、藤原ふんする主人公カイジの名言の数々を収めた特報映像が公開された。

映画『カイジ ファイナルゲーム』特報

 累計発行部数2,100万部を突破する大ヒットコミックを原作に、自堕落な日々を過ごしていた青年が、多額の借金をきっかけに、数々のギャンブルに巻き込まれていくさまを描いた『カイジ』シリーズ。これまで『カイジ 人生逆転ゲーム』(2009)、『カイジ2~人生奪回ゲーム~』(2011)が製作され、いずれも大ヒット。『ファイナルゲーム』は、9年ぶりの続編にしてシリーズ最終章となる。

 特報映像では、カイジ役の藤原が、まさに“カイジ節”ともいうべきパワーワードを連発。「クソッ! クソッ!」「クズの人生ただ繰り返して死んでいくだけだ!」「この勝負、圧倒的不利」などのインパクト大なセリフや、キンキンに冷えたビールを喉に流し込み「悪魔的だ~!」と歓喜する、おなじみの場面も登場する。

 原作者の福本が完全オリジナルストーリーを生み出し、原作にはない全く新しい4つのオリジナルゲーム「バベルの塔」「最後の審判」「ドリームジャンプ」「ゴールドジャンケン」が登場。カイジがどんな運命をたどるのか全く不明となっており「今回も福本先生の『カイジ』の世界観に度肝を抜かれました」という藤原は「『カイジ』では一般的なレベルの温度の芝居では通用しない。脳みそが疲れるくらい大変でしたが、ここまでやっていいのかってぐらいてんこ盛りですので期待して下さい」と語っている。

 また、本作からの新キャストとして、福士蒼汰(高倉浩介役)、関水渚(桐野加奈子役)、新田真剣佑(廣瀬湊役)、吉田鋼太郎(黒崎義裕役)が出演。クセが強すぎる登場人物たちとの対決にも注目だ。過去2作でメガホンを取った佐藤東弥監督が続投する。(編集部・入倉功一)

映画『カイジ ファイナルゲーム』は2020年1月10日より全国東宝系にて公開