台風10号、きょう上陸か 中国地方、警戒・早めの避難を

©株式会社中国新聞社

 大型の台風10号は15日午後、中国地方に上陸して縦断するとみられる。速度が比較的遅く強風域が広いため、大荒れの状況が長く続く上、影響は広範囲に及ぶ可能性がある。広島地方気象台は「不要な外出を控え、雨や風に十分に警戒してほしい」と呼び掛けている。

 同気象台によると、中国地方は15日正午ごろから雨が強くなり、1時間当たり最大60ミリの非常に激しい雨が降ると予想している。台風は時速10〜20キロで北寄りに進んでおり、自転車並みのゆっくりしたペース。このため15日午後6時までの24時間雨量は多いところで200ミリと見込んでいる。

 台風は14日、「超大型」から「大型」になったが、風速15メートル以上のエリアを指す強風域は依然として広い。中心から南東約600キロまで広がるため、台風の中心が通過した後もしばらくは強風への警戒が必要。また、竜巻などの激しい突風にも注意したい。上陸した場合、中心が日本海に抜けるのは16日ごろになる見込み。

 同気象台は14日、「防災対応支援チーム」(JETT=ジェット)として、広島県災害対策本部員会議に職員1人を派遣した。本部員会議で湯崎英彦知事は「県民の皆さんには、十分な備えと早めの避難をお願いしたい」と訴えた。

 台風10号は14日午後3時の観測で、鹿児島・種子島の東南東の海上を北に進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心の南東側280キロと北西側170キロは風速25メートル以上の暴風域となっている。