華為、スパイ行為協力か

アフリカで対野党、米報道

©一般社団法人共同通信社

 【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は14日、中国の通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の技術者らがアフリカ東部ウガンダと南部ザンビアの政府に協力し、野党関係者の通信傍受やIT機器への不正アクセスなどスパイ行為に加担していると報じた。

 ファーウェイは両国でサイバー部門などの業務を請け負い、同社から派遣された技術者らは政府内で働いていたという。

 同紙は中国政府の指示や同意を受けて行われたかどうか不明と説明。ファーウェイの報道担当者は「ハッキングには決して関与していない」と否定している。