<あのころ>終戦の「玉音放送」

焼け跡で耳傾け

©一般社団法人共同通信社

1945(昭和20)年8月15日、終戦を告げる昭和天皇の「玉音放送」によって国民は初めて太平洋戦争に敗れたことを知った。正午からの放送に家族でラジオの前に正座し、雑音だらけでも初めて聞く天皇の声に耳を傾けた。焼け跡の一角で、左手前は「御真影」だろうか。この日を境に新たな日本がスタートする。