高橋真麻、フジテレビアナウンサーとの集合写真が大不評「写真の意味ない」

©メディアシンク株式会社

フリーアナウンサーの高橋真麻(37)が自身のブログで公開した写真が話題を集めている。

高橋は9日に自身のブログを更新し、「我が家にて」というタイトルのエントリーを投稿。その中で、「戸部さん、石本さん、山中と我が家でご飯会」と、高橋が13年まで務めていたフジテレビのアナウンサー、戸部洋子アナ(38)、石本沙織アナ(39)、山中章子アナ(33)と食事をしたことを明かした。

さらに写真にはそれぞれの夫や子どもなども写っていたが、高橋はカラフルなスタンプで写真を加工。これについては「それぞれの主人や子供の顔はスタンプで申し訳ないっ」と謝りつつ、「隠すなら載せるなという方もいらっしゃいますが私は載せちゃいます(笑)」とコメント。「だってまたいつもと女性陣の表情が違うでしょ??」とお茶目につづっていた。

しかし、この投稿にネットからは、「隠しすぎて目が痛い。写真の意味がない」「写ったら困るような人達は別に撮ればいいのに。そしたらこんなに塗りつぶす必要もない」「顔を汚く落書きした様に塗り潰すくらいなら写らなければいいし、こんな見栄えの悪い変な写真を掲載しない方がいい」といった厳しい声が集まってしまっていた。

せっかくの写真にも関わらずたくさんのスタンプで加工されていたことでげんなりとしたネットユーザーも多かったようだ。