文氏が輸出規制で対話呼び掛け

韓国、通商面の対立解消を優先

©一般社団法人共同通信社

15日、韓国の天安で開かれた「光復節」式典で演説する文在寅大統領(共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は15日、中部の天安で開かれた日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の政府式典での演説で「日本が対話と協力の道へ向かうなら、われわれは喜んで手を結ぶ」と述べ、日本の輸出規制強化問題で対話を呼び掛けた。韓国人元徴用工や旧日本軍の従軍慰安婦の問題には直接言及せず、「日本の不当な輸出規制に立ち向かう」とも述べた。

 韓国は日本の輸出規制強化を元徴用工訴訟判決への報復と受け止めているが、歴史問題への言及を抑え通商面での対立解消を優先的に進めたい考えを示した。