炭酸水の井戸で2人死亡

福島・金山、水くみに来た男女

©一般社団法人共同通信社

男女2人が倒れていた井戸の周辺を調べる福島県警の捜査員=15日午後、福島県金山町

 15日午前5時10分ごろ、福島県金山町大塩にある水深約3メートルの公共の井戸で、炭酸を含んだ天然水をくみに来ていた新潟県の男女2人が倒れているのを家族が見つけ、119番した。2人は病院に運ばれたが死亡が確認された。

 福島県警は誤って転落したか、水をくむため井戸に入り高濃度の二酸化炭素で意識を失った可能性があるとみて死因などを調べる。

 県警によると、死亡したのは新潟県長岡市吹谷、無職諸橋勲さん(77)と、同市仲子町、会社員伊佐るり子さん(49)。伊佐さんは諸橋さんのめいで、ほかの家族3人と車で訪れていた。