神奈川県西部で土砂災害の恐れ 相模原など7市町に大雨警報

©株式会社神奈川新聞社

横浜地方気象台

 台風10号の接近に伴い、神奈川県西部で激しい雨が降り、土砂災害の恐れが高まっている。横浜地方気象台は相模原、小田原、南足柄、松田、山北、箱根、湯河原の計7市町に大雨警報を発表(15日午後2時現在)し、警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、県内は大気の状態が不安定になっている。

 降り始めから15日午前10時までの雨量は、山北町・丹沢湖で252ミリ、箱根町で193.5ミリ、相模原市・相模湖で33ミリ。16日明け方にかけて、山地を中心に1時間30~40ミリの激しい雨が降るとみている。

 また、海上では波が高まっており、横須賀市と三浦市に波浪警報を発表している。