〔酷暑〕少なくとも1週間は高温状態続く-気象庁(8/15)

©株式会社レスキューナウ

気象庁予報部は15日15:00、「高温に関する全般気象情報 第1号」を発表しました。北日本は17日から19日にかけて、東日本と西日本は少なくとも22日頃にかけて、最高気温が35℃以上となるところがあるとして、熱中症などの健康管理などに十分注意するよう呼びかけています。
また、8月17日から9月16日までの向こう1か月の天候の見通しでは、全国的に暖かい空気に覆われやすいため気温は高く、特に東日本と西日本では、期間の前半は気温がかなり高くなる見込みとしています。

■今季最高記録
・新潟県  胎内市     中条       40.7℃(08/15)
・新潟県  長岡市     寺泊       40.6℃(08/15)
・山形県  鶴岡市     鼠ケ関      40.4℃(08/15)
・新潟県  上越市     高田       40.3℃(08/14)
・石川県  志賀町     志賀       40.1℃(08/15)
・新潟県  三条市     三条       40.0℃(08/15)
・新潟県  上越市     大潟       39.7℃(08/14)
・石川県  羽咋市     羽咋       39.6℃(08/15)
・網走地方 佐呂間町    佐呂間      39.5℃(05/26)
・新潟県  新潟市中央区  新潟       39.2℃(08/15)
・茨城県  大子町     大子       39.0℃(08/09)