サニークーペ1200GL | 日産 - 軽量でエンジンチューンもしやすかった

©ゴールデン横丁合同会社

軽量ボディーとよく回るA12型エンジン

・モデル名 :サニークーペ1200GL
・世代/型式:2代目/B110型
・メーカー名:日産
・年式   :1972
・撮影場所 :JCCAニューイヤーミーティング(2017)

ライバル、カローラの「プラス100ccの余裕」作戦に販売台数を奪われてしまった初代サニーをモデルチェンジ、エンジンを1,200ccに強化しボディーも一回り大きくなって誕生したのが2代目サニーだ。サスペンションも進化していて、マクファーソンストラット+コイル独立式を採用。これは上位車種のブルーバードと同等のメカニズムだ。

2代目サニーのクーペで有名なのはクロースレシオの5速MTを搭載した「1200GX-5」だけれど、このGLも軽量ボディーとよく回るA12型エンジンの組み合わせからキビキビとよく走る、十分にスポーティーな持ち味のスポーティー・クーペだね。この個体はとても状態がよさそうだ。オーナーさんの愛情がたっぷり注がれている一台に違いないね。

旧車ギャラリー|ゴールデン横丁

クイズ・旧車千本ノック|ゴールデン横丁