ドイツの子どものおこづかいが減少傾向に

その代わりにスマートフォンを所有

©ドイツニュースダイジェスト

Kinder-Medien-Studie 2019の報告によると、子どものお小遣いは平均して月20.52ユーロで、2年前と比べて約4ユーロ減少。その代わりに子どもにスマートフォンを与え、ゲームアプリなどを購入していることも判明した。

また、自由時間に映画やテレビ番組を視聴したり、インターネットを使用する子どもがすべての年齢層で増加している。

一方で、10人に8人が自由時間に屋外で遊び、また4分の3の子どもが本や漫画を読むことを好んでおり、電子機器の使用とのバランスが取れていることも分かった。