台風、宅配便に遅れや集配中止

観光施設は営業短縮

©一般社団法人共同通信社

 西日本に店舗や配送網を持つ企業は15日、台風10号の対応に追われた。大手宅配便は一部地域の集荷や配達を中止、関西の百貨店や観光施設は臨時休業や営業時間の短縮を実施した。

 日本郵便は、西日本を中心に郵便物や宅配便「ゆうパック」の15日の配達に遅れが出ていると発表、広島県や大分県などで窓口業務を休止した郵便局もあった。宅配便大手のヤマト運輸や佐川急便も西日本の一部で集荷や配達を取りやめた。

 エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは、そごう神戸店(神戸市)など百貨店3店舗を臨時休業した。広報担当者は「来店客と従業員の安全を考慮した」と語った。