ゴルフ、唐下と小林大が首位

日本ジュニア選手権

©一般社団法人共同通信社

男子15~17歳の部 第2日、通算4アンダーで首位の唐下明徒=霞ケ関CC

 ゴルフの日本ジュニア選手権第2日は15日、埼玉県川越市の霞ケ関CCで行われ、来年の東京五輪会場となる東コース(7466ヤード、パー71)で行われた男子15~17歳の部は唐下明徒(広島・瀬戸内高)と小林大河(千葉・西武台千葉高)が通算4アンダー、138で首位に並んだ。久常涼(岡山・作陽高)と昨年優勝の杉浦悠太(福井工大福井高)が1打差3位。

 女子は西コース(6537ヤード、パー73)で争われ、15~17歳の部は国分彩那(大阪・好文学園女高)と梶谷翼(兵庫・滝川二高)が通算5アンダーで首位に立った。