2位鹿島撃破に燃えるトリニータ 17日にホーム戦【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

鹿島戦に向けて調整する大分トリニータの選手=大分市

 サッカーJ1の大分トリニータはリーグ第23節の17日午後7時から、大分市の昭和電工ドーム大分で鹿島と対戦する。6位の大分は強豪相手に4試合ぶりの白星をつかみたい。

 前節の神戸戦は、思うような戦いができず、前半に先制を許した。後半の立ち上がりにFWオナイウ阿道の得点で追いつき、その後は大分がボールを保持する展開になったが、勝ち越すことはできなかった。ただタレントぞろいの相手から勝ち点を取れたことはJ1残留に向けて大きかった。

 鹿島とは開幕戦で対戦し、2―1で勝った。しかし、現在鹿島は好調でリーグ2位。序盤戦は波に乗れなかったが、安定感のある戦いを取り戻している。控えを含め、個々のレベルが高く、どの選手が出ても力を発揮できる総合力が高いチームだ。

 14日に行われた天皇杯から中2日という厳しい日程だが、いずれもホーム開催で移動がない点は好材料。片野坂知宏監督は「間違いなく格上の相手。しっかり準備をしてチャレンジしたい」と話した。