台風10号 西日本縦断 長崎県内でも海や空の便に乱れ 佐世保、追悼式中止に

©株式会社長崎新聞社

 台風10号は15日朝から昼ごろにかけて長崎県に最接近した。県内では海や空の便が乱れたほか、佐世保市江上町の釜霊園での戦没者追悼式が中止となった。
 県によると、南島原市が避難準備情報を出した。県内の避難所計110カ所には最大271世帯318人が避難。けが人や建物被害はなかった。
 長崎地方気象台によると、15日午後6時までの最大瞬間風速は雲仙岳26.4メートル、島原23.0メートルなど。
 交通機関は、長崎空港発着の空の便でオリエンタルエアブリッジ(ORC)が全20便を欠航するなど各社計39便が欠航。海の便では九州商船が県本土(長崎、佐世保)と離島を結ぶ計43便を欠航し、夕方ごろから順次運航を再開した。