スターマインや尺玉など3千発の花火、岩畳周辺で 長瀞船玉まつりに大勢の見物客 上流から千個の灯籠

©株式会社埼玉新聞社

万灯船の上空に打ち上げられた花火=15日夜、長瀞町長瀞の岩畳周辺の荒川

 名勝・長瀞の夏の風物詩「長瀞船玉まつり」が15日、埼玉県長瀞町長瀞の岩畳周辺の荒川で行われた。万灯船と灯籠が川面に浮かぶ中、約3千発の大輪の花が真夏の夜空を彩り、大勢の見物客を楽しませた。

 長瀞船玉まつりは水上安全の祈願と水難者を供養するためのもの。大正時代に船下りの船頭たちが水神様を祭ったのが始まりとされている。

 午後6時から、船着場に設けた斎場で祭典と水上安全修ばつ祭が実施され、神官が川を清めておはらい。大型の台風10号の影響で万灯船2隻は運航しなかったが、上流からは約千個の灯籠が流された。

 同7時15分からは花火大会がスタート。渓谷に秩父屋台囃子(ばやし)が鳴り響き、スターマインや尺玉などの花火が次々に夜空へ打ち上げられると、祭りはクライマックスに。岩畳周辺は幻想的な空間に包まれ、大勢の見物客たちは夜空を焦がす光と音の競演に酔いしれていた。