【高校野球】作新学院が全国制覇した2016年以来の準々決勝進出 林が8回2死まで無安打投球

©株式会社Creative2

作新学院(栃木)が18-0で勝利

打線は6回まで毎回得点、19安打18得点を奪う猛攻で圧倒した

 第101回全国高校野球選手権大会第10日目が16日、阪神甲子園球場で行われ、岡山学芸館(岡山)と作新学院(栃木)が対戦。作新学院・林勇成投手が8回2死までノーヒットノーランの快投。8回2死からヒットを許し快挙達成はならなかったものの、18-0と大勝して全国制覇した2016年以来の準々決勝進出を決めた。

 林は6個の四死球とエラーで走者は許しながらも、打たせて取る投球で8回2死まで岡山学芸館打線に安打を許さず。惜しくもノーヒットノーランは逃したが、快挙を期待させる快投だった。打線は初回、1死三塁から中島の中前打で先制。6回まで毎回得点を奪うなど、19安打18得点を奪う猛攻で圧倒した。

 敗れた岡山学芸館は、2回戦の広島商(広島)戦で打球が直撃し、顔面を骨折した丹羽が先発。3回まで投げたものの、作新学院の強打を止められず、甲子園初勝利に続いての2勝目はならなかった。(Full-Count編集部)