KAT-TUN上田竜也と宇宙Six松本幸大が息の合ったラップバトルを披露

©株式会社ドットレンド

8月9日、横浜アリーナで行われたKAT-TUNライブツアー2019「IGNITE」初日、上田竜也のソロ曲「百花繚乱」に、宇宙Sixのリーダー、松本幸大(まつもとこうた)がサプライズ出演した。

しかも、松本は8日に東京ドームLIVE「ジャニーズJr.8.8祭り~東京ドームから始まる~」に出演。9日は名古屋で主演舞台「TOM&JERRY 夢よもう一度」の昼公演を終えた後に横浜に向かい、翌日は再び名古屋で昼公演という過密スケジュールの中、かけつけた。

迫力あるラップバトルに拍手喝采

宇宙Sixは、2017年の亀梨和也のソロコンサートやKAT-TUNライブツアー2018「CAST」などにも出演しており、KAT-TUNファンにはおなじみのジャニーズJr.。大きな歓声を浴びてステージに上がり、上田と目を見つめ合って激しいラップバトルを展開。覚えるのが難しい言葉が続く「百花繚乱」のラップを堂々とテンポ良く披露し、歌い終わりには満面の笑顔で抱き合った。

松本はJohnny’s webのブログで「めちゃくちゃ楽しい最高の時間だった」と感謝を綴り、SNSでは「松本くんをステージに上げて歌わせてくれてありがとう」「笑顔で歌う姿に「昨日の発表(宇宙Sixから目黒連が抜ける件)で落ち込んでいたけど、笑顔をもらった」「会場の歓声がすごくてうれしかった」「宇宙Sixもがんばれます」といったファンの喜びの声が相次いだ。

毎年バーベキューをする仲

上田は無愛想な強面な印象があり、シャイで人見知りのため一見近寄りがたい印象。いったん仲良くなると相手に真摯に向き合う義理堅いタイプ。大型音楽番組のシャッフルメドレーや、年末のカウントダウンコンサートで、周りのジャニーズタレントになじんでいないと感じられる場面も多く見られる。

以前は先輩、後輩とからまなかった上田だが、昨今は嵐の櫻井翔を「アニキ」と慕い、全力で守り忠誠を誓う弟分として知られるようになった。一方、松本とは、松本がダンスユニット「M.A.D.」に所属していた10年ほど前からの付き合い。松本は、尊敬するジャニーズの先輩、仲のいいジャニーズの先輩として上田の名前をあげており、松本の誕生日には誕生会を開くなど、優しいアニキ分でもある。

松本はJohnny’s webのブログで、最近、上田と、毎年恒例のバーベキューをしたと報告。いろいろな部位の肉やソーセージを焼いたり、最後には焼きそばを作ったことを、焼きそばと、ピースサインをする二人の手の写真付きで紹介した。いろいろな話も出来たとのこと。美味しいものを食べながらの会話は弾むもの。「いいでしょ~」「またやりましょうね」と、いい時間を過ごした余韻が伝わってきた。

(ライター/佐藤ジェニー)