ザ・ストラッツ、タワーレコード新宿店インストアイベントで「PEGASUS SEIYA 」サプライズ演奏

©ユニバーサル ミュージック合同会社

Photo by Yuki Kuroyanagi

8月14日に、Netflix オリジナルアニメシリーズ「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」オープニング主題歌「PEGASUS SEIYA」を追加収録したセカンド・アルバム『ヤング&デンジャラス』の新装版をリリースしたザ・ストラッツ。
サマーソニック2019を翌日に控えた8月15日(木)、タワーレコード新宿店にてインストアイベントを行った。ザ・ストラッツの来日はこれが4回目となるが、今回初めて日本でのインストアイベントが実現した。

イベントでは、ザ・ストラッツがステージに呼び込まれると大歓声が上がり、『ヤング&デンジャラス』から「プリマドンナ・ライク・ミー」、「ボディ・トークス」、そして『ヤング&デンジャラス(ニュー・エディション)』に追加収録された新曲「ダンシング・イン・ザ・ストリート」の3曲をアコースティック・パフォーマンス。手拍子も合唱も起こり、大盛況となった。

その後のトークでは、同じく新曲の「PEGASUS SEIYA」について聞かれると、“日本のアニメが大好きでよく見ているから、この曲をやらないかとお話をいただいた時はもちろんやる!と答えた。すごくクールだと思った。レコーディングも楽しくできた”とルーク・スピラー(Vo)が答えると、アダム・スラック(G)がギターを手に取り、サプライズでこの曲の演奏を開始した。

「ダンシング・イン・ザ・ストリート」は、“ヴァン・ヘイレンのヴァージョンに一番近いけど、ルークの歌にはオリジナル・ヴァージョン(モータウン・レーベルのマーサ&ザ・ヴァンデラス)に近いソウルが込められていると思う”とジェド・エリオット(B)。

ザ・ストラッツにとって3回目の出演となるサマーソニックでは、東京は本日8月16日(金)MARINE STAGE、大阪は8月18日(日)OCEAN STAGE、ともに一番目のアクトとして出演する。 

<商品情報>

◆アルバム『ヤング&デンジャラス(ニュー・エディション)』 
2019年8月14日発売
CD: UICS-1355 / ¥2,500(税抜)+税 / 日本盤ボーナス・トラック4曲収録 / 新曲2曲追加収録※
Netflix オリジナルアニメシリーズ「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」オープニング主題歌「PEGASUS SEIYA」、エンディング主題歌「サムバディ・ニュー」収録
※新曲:「PEGASUS SEIYA」、「ダンシング・イン・ザ・ストリート」(マーサ&ザ・ヴァンデラスのカヴァー)
試聴・購入 

◆シングル「PEGASUS SEIYA」 
配信中
試聴・購入 

<来日情報>
SUMMER SONIC 2019
2019年8月16日(金)東京MARINE STAGE、8月18日(日)大阪OCEAN STAGEに出演
詳細はこちら

◆Netflix オリジナルアニメシリーズ「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」 (2019年7月19日全世界独占配信)
― あの伝説の聖闘士(セイント)が、全世界へ新たな歴史を刻む。
この世に邪悪がはびこるとき、必ずや現れるという希望の闘士・聖闘士(セイント)。
彼らは聖衣(クロス)と呼ばれる88の守護星座の防具をまとい、数百年に一度地上に降誕する女神アテナを守るために集うという。
車田正美原作、日本を熱狂の渦に巻き込み、南米・ヨーロッパ諸国と世界中にファンを生み出した大人気シリーズが、現代を舞台に3DCG作品としていま新たに描かれる!
7/19には銀河戦争から暗黒聖闘士編までを一挙配信

主題歌は、新世代ロックンロール・スターと名高いUK出身のバンド、ザ・ストラッツが担当する「PEGASUS SEIYA」に決定。
いまなお多くのアニメファンから熱い支持を受ける「ペガサス幻想」の英詞版で、当時の熱いメロディーはそのままに、全世界のファンが一緒に楽しめる曲に仕上がっている。

【Netflix作品ページ】 
【作品公式サイト】

©Masami Kurumada / Toei Animation