とろり、うなる「雪降り和牛」

尾花沢・焼き肉を堪能

©株式会社山形新聞社

最高級の尾花沢牛を焼き肉で味わう来場者=尾花沢市

 第23回尾花沢牛肉まつりが15日、尾花沢市の徳良湖畔花笠広場で開かれ、家族連れらが「雪降り和牛」と名付けられた最高級の尾花沢牛を堪能した。

 尾花沢牛振興協議会が主催し、約900キロ(1200人分)を用意した。来場者は厚みのある極上の霜降り肉を炭火で焼き、ビールやご飯と一緒に味わった。デザートには旬のスイカが振る舞われ、尾花沢が誇る食材を満喫した。

 河北町出身の明治学院大4年真木さやかさん(21)=横浜市=は「肉は柔らかく、スイカのたれとも相性が良くておいしい」と話し、炭火を囲んだ家族と楽しんでいた。