デフ・レパードのジョー・エリオットによるソロ・プロジェクト”ダウン・アンド・アウツ”の最新アルバム発売決定

©ユニバーサル ミュージック合同会社

2019年にロックの殿堂入りを果たしたデフ・レパードのフロントマンのジョー・エリオットのプロジェクト、ダウン・アンド・アウツ。3枚目となるスタジオ・アルバム『ディス・イズ・ハウ・ウィ・ロール』が10月11日に世界同時発売されることが決定した。

参加メンバーはクワイアボーイズのポール・ゲリン(ギター)、ガイ・グリフィン(ギター)とキース・ウェア(キーボード)の3人に加えて、シェア・ロス(ベース、元ヴィクセン)とフィル・マティーニ(ドラム、ウェイワード・サンズ)。

今作はジョー・エリオットがローナン・マクヒューと共同プロデュースした作品で、レコーディングはジョー・エリオットの個人スタジオであるジョーズ・ガレージで行なわれた。今回以前のアルバムと違うアプローチを行い、カヴァー曲は1曲のみ(チューブスの「ホワイト・パンクス・オン・ドープ(ホワイトパンクス音頭」)。他の11曲はジョー・エリオットが作詞作曲を担当。

息を呑むようなオープニング曲「アナザー・マンズ・ウォー」から、ゴージャスな「ラスト・マン・スタンディング」、そして6分間もある大作「レット・イット・シャイン」まで、このアルバムはジョー・エリオットが影響を受けたあらゆるタイプの音楽と、以前のダウン・アンド・アウツのアルバムからのエッセンスを基に、作り上げられた素晴らしいオリジナル曲のコレクションとなっている。

なお、アルバムタイトルでもある「ディス・イズ・ハウ・ウィ・ロール」のシングルがデジタルで先行配信されている。

■商品情報

アーティスト:ダウン・アンド・アウツ
タイトル:ディス・イズ・ハウ・ウィ・ロール
発売日:10月11日(金)世界同時発売
仕様:SHM-CD
品番:UICY-15838
価格:2,500円+税
内容:日本盤のみ1曲ボーナス・トラック収録、解説:伊藤政則、歌詞対訳付

ご予約はこちら