「スカーレット」主題歌はSuperfly、戸田恵梨香「最もふさわしいアーティスト」

©株式会社東京ニュース通信社

9月30日スタートのNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜午前8:00=NHK大阪放送局制作)の主題歌が、Superflyがドラマのために書き下ろした新曲「フレア」に決まった。Superflyが越智志帆名義で作詞・作曲したもので、「主題歌のお話をいただき、とてもうれしかったです。幅広い世代の方々に聴いていただけること、物語のオープニングとして毎朝聞いていただくことを意識して、ドラマのお話にスッとバトンをつなげられるような曲にしたいと思い制作しました」と語っている。

ドラマは滋賀県の焼き物の名産地・信楽を舞台に、戦後の高度経済成長期に男性ばかりの陶芸の世界で、女流陶芸家の草分けとして歩み始めるヒロイン・川原喜美子(戸田恵梨香)の姿を描くストーリー。

Superflyは「主人公・川原喜美子が“炎”と向き合い作品を作る姿に共感し、私にとっての“炎”はものをつくること、生きていくための好奇心や好きという気持ちを表しているものだと気付きました。その燃え上がった炎を大事に、絶やさぬようにという気持ちを歌っています」と曲に込めた思いを明かし、「この曲を聴いて皆さんの中にもある“炎”を絶やさぬよう、ポジティブな炎を燃やし続けられるよう前向きな気持ちになっていただけたらうれしいです。私も喜美子の一生を見守りながら、応援しながら見たいと思っています」とアピール。

ヒロイン・喜美子役の戸田も「喜美子と同じく、Superflyの越智志帆さん自身もとてもパワフルで、元気をもらえる方です。喜美子の情熱やエネルギーは、志帆さんに通ずるところが大きいと思います。喜美子という女性を音楽で表現するのに、最もふさわしいアーティストだと感じています」と喜んでおり、「志帆さんが創造された曲『フレア』を聴いて、私自身もスカーレットの世界観をより大きく膨らませてイメージすることができました。“恐れ入った”という感じです。皆さまにも聴いていただくのが楽しみです」と主題歌の力を訴えている。