救う会福井の前会長池田氏が死去

地村さん夫妻捜索にかかわる

©一般社団法人共同通信社

死去した池田欣一氏

 「北朝鮮に拉致された日本人を救う福井の会」で会長を務めた池田欣一(いけだ・きんいち)氏が15日午後3時14分、肺塞栓症のため福井県小浜市の病院で死去した。96歳。小浜市出身。告別式は19日午前10時半から小浜市駅前町14の5、セレモニーホール若狭斎場で。喪主は孫理彦(みちひこ)氏。

 1978年に小浜市内で北朝鮮に拉致され、2002年に帰国した地村保志さんと妻富貴恵さんの捜索に拉致直後からかかわり、1998年に救う会福井を発足。16年まで会長を務めた。