広瀬すずが「LIFE!」でコント初挑戦!“父”内村光良は「思っていたのと違った」

©株式会社東京ニュース通信社

9月7日放送のNHK総合「LIFE!~人生に捧げるコント~」(午後8:15)で、広瀬すずがコントに初挑戦することが分かった。広瀬がヒロイン・なつ役を演じる連続テレビ小説「なつぞら」とコラボしたコント「なつよ、俺が真壁だ」に登場し、ドラマでは会うことがない、なつの父でナレーションの内村光良と共演する。収録を終えた広瀬は「内村さんは思っていたお父さんじゃなかったです。声はお父さんなんだけど、トーンが思っていたのと違った。不思議な感じでした」と苦笑いで“父”との意外な対面を明かした。

内村が座長を務める同番組は、芸人や俳優たちが、人生をテーマにしたコントを繰り広げる人気シリーズ。9月7日放送のコント「なつよ、俺が真壁だ」では、なつ役の広瀬が坂場一久役の中川大志からプロポーズを受ける場面の撮影現場に、なぜか内村のマネジャーを名乗る真壁(内村)が現れ、芝居の注文をつけられる展開が描かれる。

広瀬は「内村さんとは紅白でご一緒しているから緊張しないだろうと思っていたら、また全然知らない内村さんだったから、あれ?って。ちょっと心強いのがなくなって、探りまくってました」と動揺したことを明かし、「コントって難しい。頭の回転とか反射神経とか普通のドラマの撮影では使わない頭の神経を使うんだなと。それをやられているのはすごいなって。貴重な経験になりました」とコント初体験をアピール。

これまで連続テレビ小説「ひよっこ」などのコラボコントを演じてきた内村も、「今までは何でもアリだったんですけど、今回の朝ドラは自分もかかわっているので非常に繊細な気持ちで、(世界観を)壊さないようにしました。まあ、壊しちゃいましたけどね。ちょっと難しかったです」といつもとは勝手が違ったことを告白。一方で、「すずちゃんは最初戸惑っていましたね。でも、絶対に自分は笑っちゃいけないんだという覚悟があって、女優魂を感じました」とコントでもぶれない広瀬の姿に感心させられたことも明かした。

また、「LIFE!」メンバーでもある中川は「『なつぞら』に出させていただくと決まった時から、いつかこんな日が来るのかなと思っていました。いつもとは違って、どっちのチームもいる不思議な空間でしたけど、僕は勝手にこっち側(LIFE!)の気分で『すずよ、これが内村さんだ』みたいに広瀬さんを見ていました」とうれしそうに語っていた。