【特撮・アニメヒーロー図鑑 】仮面ライダーX - シリーズきってのメカニカルさ!

©株式会社ライトアップ

仮面ライダーシリーズ、テレビ番組としては第三弾、ライダーとしては5人目にあたる仮面ライダーXとその愛車・クルーザーです。ライダーもメカニカルルックならバイクもメカ満載です。

仮面ライダーシリーズきってのメカニカルさ!

手持ちの武器をもった初めてのライダーとしても知られる仮面ライダーX。
変身の儀式もずいぶんと念の入ったものでした。が、あまりに手間のかかる手順だったため、シリーズの途中から簡素化されました(ストーリー的にはパワーアップ改造の結果)。悠長にしていたら敵にスキを与えてしまいますからね。
この辺は日本の製造業お得意なカイゼンにも通じます。時あたかもオイルショックの時代でしたし。

簡素化されたといっても、「セッタップ(set up)」のかけ声で始まり最後に「パーフェクター」と呼ばれるアイテムをアゴというか口に装着して完成するところは踏襲されました。

このメカメカしいバイクがまた良いのです。

深海開発用改造人間・カイゾーグ用に開発されたバイクですから、水中はもちろん得意。動力は1500万馬力を誇るターボプロップエンジンで、プロペラの推進力によって陸上では最高時速なんと700キロ。さらに空中を旋回して敵を翻弄したり、すさまじい旋風を起こして攻撃することもできました。
バイクというよりはハイテク装備の戦闘マシンですね。

写真がないのが残念ですが、作品の後半に登場する敵の大幹部がおもしろかったです。
その名は巨大ロボット「キングダーク」。何がおもしろいかって、いつもアジトの中でほおづえついて寝ころんだポーズなんです。そんなふざけた格好で部下に厳しい命令を下していたんですね。もしかしたらアジトが狭くて立ち上がれなかったのかもしれませんが。「ボス、決して起き上がらないでください!」とか言われていたりして。

最後は立ちあがって仮面ライダーと闘うのですが、体内に潜んでいた本当の支配者、呪博士がライダーによって倒されるとあえなく自爆という結末。圧倒的な存在感の割にはあっけない最期を迎えたのでした。

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

特撮・アニメヒーロー図鑑|ゴールデン横丁