別府ラクテンチ「湯~園地」に夜の部も 31、1日に開催【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

「こども湯~園地2019・ナイト湯~園地2019」の開催をPRするラクテンチの西貴之代表取締役(後列右から2人目)ら=16日、別府市の別府ラクテンチ

 別府ラクテンチ(別府市)は16日、「こども湯~園地(ゆーえんち)2019、ナイト湯~園地2019」を31、9月1日の2日間に同園で実施すると発表した。昨年から内容を充実させ、新たに夜の部を開催。子どもたちに夏の最後の思い出づくりにしてもらう。小学生以下は入園と園内全てのアトラクションの利用が無料。

 今年は五つの限定アトラクションを準備。2017年に開催した「湯~園地」で大人気だった温泉成分を含んだ泡を乗せて走る「バブルジェットコースター」が復活する。主会場の湧水プールでは、定期的に泡や温泉を噴射し、音楽やダンスで盛り上げる。

 全長17.5メートルの「ウオータースライダー」や、椅子が回転する「スーパーチェア」に霧状の水が降り注ぐ仕掛けを施したアトラクションも楽しめる。

 別府大と連携した新企画も登場。夏休みの宿題が終わっていない子どもたちのために、学生が宿題をサポートするコーナーをイベントホール内に設ける。

 ナイト湯~園地は午後6時から同9時まで。湧水プールのエリアで、音楽と光と泡を融合させたイベントを開く。

 学生や市民ボランティア約100人が運営に協力。1日は、アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のメンバー脇あかりさん(ツーリズム別府大使)がスペシャルゲストとして参加する。

 「湯~園地」は、官民でつくる実行委員会が17年7月に別府ラクテンチで開催。夏の風物詩にしようと、18年からラクテンチが引き継いで子ども向けに開いている。

 同社の西貴之代表取締役は「根付いたイベントになるよう、多くの人に楽しんでもらいたい」と話した。

<メモ>

 中学生以上は通常料金で入園できる。午後6時以降の入園料は700円。プールの利用料は800円。問い合わせは別府ラクテンチ(TEL0977.22.1301)。