城下町彩る4千発 大分合同新聞納涼花火シリーズ杵築会場【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

江戸情緒の残る杵築城を彩る花火(多重露光撮影)=16日夜、杵築市南杵築

 大分合同新聞納涼花火シリーズ杵築会場が16日夜、杵築市杵築の塩田特設会場で開かれた。約4千発が江戸時代の面影の残る城下町を彩った。

 色鮮やかな「オープニングフラワー」でスタート。きらきらと輝く花火が次々と打ち上がる「きらめきナイト」のプログラムがロマンチックな雰囲気を演出した。最後は約1200発の大玉花火とスターマインが黄金の雨を降らし、華やかに締めくくった。

 台風10号接近のため延期となった大分合同新聞納涼花火シリーズ武蔵会場(国東市)は17日午後8時40分から、同市の武蔵港である。