米特別代表、19日から日韓歴訪

対北朝鮮を協議へ

©一般社団法人共同通信社

米国のビーガン北朝鮮担当特別代表

 【ワシントン共同】米国務省は16日、ビーガン北朝鮮担当特別代表が19~22日の日程で日本と韓国を訪問すると発表した。北朝鮮は米韓合同軍事演習に強く反発し、短距離ミサイルを繰り返し発射するなど非核化交渉は停滞。ビーガン氏は、焦点の米朝実務協議の再開時期などを巡り、日韓の政府関係者と対応策を協議するとみられる。

 トランプ米大統領は8日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から手紙を受け取り、米韓演習後に会い、非核化協議を始めたいとの意向を伝えてきたことを明らかにしている。

 ビーガン氏は19~20日に日本、20~22日に韓国を訪れる。