「殺されると思った」交通トラブルになった男性を車で引きずる 殺人未遂容疑で少年逮捕/柏

©株式会社千葉日報社

 千葉県警柏署は16日までに、交通トラブルになった男性を車で引きずり振り落としたとして、殺人未遂の疑いで柏市内に住む自称アルバイトの少年(19)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は15日午後4時50分ごろ、同市富里3の量販店立体駐車場で、乗用車のドアにしがみついていた男性会社員(29)=市川市=を引きずり殺害しようとした疑い。男性は全身を地面に打ち軽傷を負った。

 同署によると、少年の車が同店に入ろうと国道6号を右折する際、後方の男性の軽ワゴン車からクラクションを鳴らされたため、少年はトラブルを避けようと立体駐車場5階に移動した。

 後ろを車で付いてきた男性は「あおっているなら出てこいよ」と怒って大きな声を出し少年の車に近づき、ドアをつかんだ。少年は車を急発進させ、男性を引きずった状態で走行し4階で振り落とした。

 少年はその場から逃げたが、男性の友人が車で追い掛け110番通報。約300メートル離れた同市旭町5の歩道で駆け付けた同署員に取り押さえられた。

 少年は「男性を殺そうとは思っていなかった。殺されると思い車を急発進させた」と供述している。