山形市長選、石川氏が出馬表明

©株式会社山形新聞社

 任期満了に伴う山形市長選(9月1日告示、同8日投開票)で、政治団体「明るい民主市政をつくる会」副会長で共産党県委員の石川渉氏(45)=青田1丁目=が16日、出馬表明した。同党の推薦を同日受けた。無所属で立候補する。市長選には現職の佐藤孝弘氏(43)=双葉町1丁目=が再選を目指し出馬表明しており、現新による選挙戦の見通しとなった。

 石川氏は同日、県庁で同党の本間和也県委員長、渡辺ゆり子県議らと会見し、「会員の中から(立候補を)呼び掛けたが、擁立に至らなかった。党から出てほしいという声が寄せられ、受けるしかないと思った」と述べ、「市政の細かいところまで勉強しているわけではない。他の野党の力も借り、共闘(態勢)をつくっていきたい」と語った。

 石川氏は千葉県出身で山形大卒。2003~17年の衆院選県1区で5回出馬し、落選した。