彼氏と男友達の違いとは? 男友達としていいこと・悪いこと

©株式会社マイナビ

「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。

彼氏のタイプが、やきもちやきか、そうでないかによって、彼氏がいるときの男友達との距離感は変わってくるものです。

今回は、僕が思う彼氏と男友達との違いから、彼氏がいるときの男友達との距離感の取り方まで、男性心理を交えて解説していきます。

■彼氏と男友達の違いとは?

前提として、彼氏にも男友達にも「人として好き」というマインドがベースにある女性がほとんどだと思います。

ただ、大きな違いは「恋愛感情がそこにプラスして自然と溢れてくるか?」という点。言うまでもなく溢れ出てくるのは、彼氏のほうですよね(笑)。

最近、「えっ、彼氏?」と思うくらい、一見、男友達でも恋人のような距離感で接する女性も増えてきたように思えます。だからこそ、その違いに悩むこともあるのでしょう。

そこで、僕なりに考える「彼氏と男友達との違い」を挙げてみます。

◇(1)率直にキスがしたいかどうか

これは恋愛感情の基本ですよね。

「したいかどうか?=want to?」の問いかけもありますが、もっとわかりやすいのは「できるかどうか?=can it?」の自問自答かもしれません。

この「can it?」は大きな壁であり、そのハードルを超えられる相手は彼氏と認定していいでしょう。逆に「よく考えるとこの人となら……」と思える相手は、いつか男友達の垣根を超える可能性がある男性なのです。

◇(2)一緒のベッドで寝られるかどうか

女友達ならまだしも、男友達と一緒のベッドで寝ることはまずないでしょう。男女だからこそ、ひとつのベッドに入るということは、お互いに「もしものことが起こってもいい」という意思表示にもなりえます。

このように何かの間違いが起こってもいいとリスクを受け入れている時点で、もう彼氏候補に値する領域だと思います。

◇(3)嫉妬が芽生えるかどうか

嫉妬という感情は「人として好き」以上に、恋愛感情がないと芽生えないもの。

たとえば、誰かほかの女性と楽しそうにしてるところを想像すると、なんか嫌。そんな相手は、友達以上の存在だと思っていいでしょう。

◇(4)本音が話せるかどうか

本音が話せない相手は、逆に彼氏になりうる存在だと思っていいでしょう。なぜなら、そこには、恋人に対して抱く「嫌われたくない」という感情が存在するから。

だから男友達には、彼氏本人に言えない悩みを相談できたりするものなのです。

彼氏は「彼女の男友達」に嫉妬する?

次は彼氏視点に立って考えてみましょう。

「彼氏がいるのに男友達と遊びに行ってもいいのか」というテーマは、多くの女性が気になったことがあるはず。実際、彼氏は「彼女の男友達」に嫉妬心を抱くのでしょうか。

◇男友達の素性がわかっていれば大丈夫

基本、彼氏が「男友達の素性」をわかっていれば大丈夫です。たとえば、彼女の男友達に一回でも会ったことがあるだけで、男性は意外と安心します。

さらに言うなら、ヴィジュアル含め、自分より格下だと思う相手には心配しません(笑)。

だから、素性がわからない男友達が一番心配。勝手に「自分よりかっこいい男なんじゃ?」と悪いほうに考えてしまうこともありますからね。

あとは、男友達と会うときはちゃんと報告する、などのルールを作ること。知らないところでコソコソ会っているのが一番嫌です。

◇嫉妬の塊タイプの彼氏には要注意!

ただ、これは一般的な彼氏。レアケースな嫉妬の塊のような彼氏には、これまで話したすべてが通用しないと思ってください(苦笑)。

もしも嫉妬の塊のような彼氏と交際することになったら、男性関連の付き合いは墓場まで持っていく覚悟で、すべて秘密にしたほうが身のためです。絶対わかり合えないですから。

最終的には、彼氏をとるか男友達をとるかの二者択一を迫られることになるはずです。その覚悟があるなら、嫉妬深い彼氏に男友達の存在を打ち明けるといいでしょう。

■「男友達としてもOKなこと」の判断基準

彼氏から見てOKかNGか?ここでは、よくある男友達とのスキンシップや距離感について、僕なりにジャッジしたいと思います。

◇その1:男友達とのLINEは「渋々OK」

これは喜んでOKではないですが、仕方のないOKですね(笑)。LINEに関して、男としてNGというのも器がちっちゃい感じがしてダサイですから。

それに男性側も「男友達とLINEくらいはしてるだろう!」と思ってますよ。逆に、彼氏も女友達と絶対LINEしていますから。それはお互いさま。

◇その2:男友達と複数人で遊ぶのは「問題なくOK」

複数なら問題なくOKです。ただ、ちょっと条件をつけ加えるなら、事前に彼氏に言うこと。そして、ちゃんとその日、家に帰ったら「何があったか」を報告すれば完璧です。

◇その3:男友達と2人で遊ぶのは「条件つきOK」

2人で遊ぶのは条件つきでOKです。その男友達の素性を、彼氏がちゃんと認識しているならいいと思いますね。

◇その4:男友達と複数人で旅行は「条件つきOK」

これも条件つきOKです。

学生時代からなど、昔から知っている間柄の部活やサークル仲間ならOKですね。

一方、最近知り合ったような、恋に発展する可能性のあるグループは絶対NGです。これも、行くなら事前にちゃんと彼氏に報告することを忘れないでください。

◇その5:男友達の家に遊びに行くなら「ひとりはNG」

複数で行くならOKですが、ひとりで行くのはNGです。

ひとりで行くのは、何かしら危険を伴う可能性もありますしね。逆に、彼氏が女友達の家にひとりで遊びに行くことを想像したら嫌じゃありませんか(笑)。外で会うのはいいけど、家の中などの密室はNGです。

◇その6:彼氏に男友達を会わせるのは「タイプによる」

これは彼氏のタイプによりますね~。基本OKですが。僕は、会いたくないです(苦笑)。

会うと嫉妬するタイプなので、彼女からの口頭の説明だけで、その誠実さは十分伝わります。あと、自分が心配性で器の小さい男だと、男友達に思われそうでなんか嫌。

僕の真逆タイプもいるので、彼氏の性格を見極めてジャッジしましょう。

彼氏が傷つかない距離感を!

昔、親から「自分がされて嫌だと思うことは、人にやっちゃダメ」と教わった経験はありませんか?男友達との付き合い方もそれと一緒です(笑)。

自分がされて嫌だなと思うことは、彼氏にやっちゃダメだということ。それをひとつの基準にすればいいと思います。その価値観は人それぞれですけどね。

たとえば彼氏が彼女以外の女の子とLINEをしていれば、その逆も気にならないということ。あなたが男友達とLINEすることは、彼にとって許容範囲になるのです。

最後に。男友達の存在は、きっと彼氏とは別ものです。自分の心のバランスを取るためには必要な存在だったりもします。なので、僕は最低限のルール、「男友達と会うときは、事前にちゃんと言う」「必ず連絡が取れるようにする」など、彼氏を不安にさせないようにすれば何も問題ないと思うのです。

ただし、嫉妬深い彼氏は、すべての秘密を貫き通す覚悟で(苦笑)。

(TETUYA)

※画像はイメージです