県内、猛暑一服 金沢など各地で30度前後

©株式会社北國新聞社

 17日の石川県内は高気圧に覆われ、各地で青空が広がった。ここ数日の猛暑は一服し、最高気温は珠洲でで観測した32・9度が最も高く、金沢31・7度、輪島31・3度となるなど、各観測地点で30度前後にとどまった。

 金沢市中心部では、終盤に差し掛かったお盆休みを楽しむ家族連れらが兼六園周辺にあふれ、暑さしのぎにソフトクリームやかき氷を買い求める姿も目立った。

 県内の各消防局・消防本部によると、17日は七尾、能登、志賀、宝達志水の4市町で70~90代の男女5人が熱中症の疑いで病院に搬送された。