鶴岡東、8強ならず

全国高校野球

©株式会社山形新聞社

〈鶴岡東―関東第一〉2回表鶴東2死一塁、7番山路将太郎が先制の適時二塁打を放つ=甲子園

 兵庫県西宮市の甲子園球場で熱戦が繰り広げられている第101回全国高校野球選手権大会は第11日の17日、3回戦4試合を行い、本県代表の鶴岡東は関東第一(東東京)と対戦。延長十一回の末に6-7でサヨナラ負けし、初の準々決勝進出はならなかった。

 鶴東は二回に7番山路将太郎の適時二塁打で先制したが、直後に相手の機動力を生かした攻撃に、ミスが重なるなどして4点を失った。三回に2番竹花裕人の今大会2本目となる2点本塁打で1点差に詰め寄った。六回に山路の適時二塁打で追い付き、さらに相手バッテリーのミスと積極的な走塁で2点のリードを奪ったが、七回に集中打で同点とされた。終盤は救援した鶴東・池田康平、関東第一・土屋大和による投手戦となったが、延長十一回に池田がサヨナラ打を浴びて力尽きた。

〈鶴岡東―関東第一〉7回途中まで力投した鶴東の先発影山雄貴=甲子園
〈鶴岡東―関東第一〉3回表鶴東1死一塁、2番竹花裕人が左中間に2点本塁打を放ちガッツポーズ=甲子園
〈鶴岡東―関東第一〉3回表鶴東1死一塁、2番竹花裕人が左中間に2点本塁打を放ち3―4と追い上げる=甲子園
〈鶴岡東―関東第一〉3回表鶴東1死一塁、2番竹花裕人が左中間に2点本塁打を放ち3―4と追い上げる=甲子園
〈鶴岡東―関東第一〉6回表鶴東1死一、二塁、7番山路将太郎が適時二塁打を放ち4―4とする=甲子園
〈鶴岡東―関東第一〉6回表鶴東1死一、二塁、7番山路将太郎が適時二塁打を放ち4―4とする=甲子園
〈鶴岡東―関東第一〉6回表鶴東2死二、三塁、相手投手の暴投で三走森弦起がホームに滑り込み5―4と逆転する=甲子園
〈鶴岡東―関東第一〉鶴東の2番手で登板し延長11回まで力投した池田康平=甲子園
〈鶴岡東―関東第一〉鶴東の2番手で登板し延長11回まで力投した池田康平=甲子園
〈鶴岡東―関東第一〉7回途中から登板した鶴東の池田康平が三振でピンチをしのぎ雄たけびを上げる=甲子園
〈鶴岡東―関東第一〉鶴東の2番手で登板し延長11回まで力投した池田康平=甲子園
〈鶴岡東―関東第一〉7回途中から2番手として登板した鶴東の池田康平=兵庫県西宮市・甲子園球場
〈鶴岡東―関東第一〉好守でチームを盛り立てた鶴東の遊撃手河野宏貴=甲子園
〈鶴岡東―関東第一〉6回裏関東第一2死一塁、鶴東の山路将太郎が出塁した打者を二塁でタッチアウト=兵庫県西宮市・甲子園球場
〈鶴岡東―関東第一〉延長10回裏、相手打線を抑え笑顔でベンチに戻る鶴東の2番手池田康平(右)=甲子園
〈鶴岡東―関東第一〉7回裏関東第一1死二塁、降板する鶴東の先発影山雄貴(右)が救援の池田康平にボールを手渡す=兵庫県西宮市・甲子園球場
〈鶴岡東―関東第一〉延長11回表鶴東1死、5番丸山蓮が左前打を放ち出塁する=甲子園
全国各地から集まった鶴岡東ナインの家族らが大声援で選手を鼓舞した=兵庫県西宮市・甲子園球場
全国各地から集まった鶴岡東ナインの家族らが大声援で選手を鼓舞した=兵庫県西宮市・甲子園球場
関東第一(東東京)に惜敗しベンチ前に整列する鶴岡東の選手=兵庫県西宮市・甲子園球場
〈鶴岡東―関東第一〉試合終了後、笑みを浮かべて汗を拭う救援の池田康平(中央左)と捕手大井光来=兵庫県西宮市・甲子園球場
関東第一(東東京)に惜敗し応援席にあいさつに向かう鶴岡東の選手=兵庫県西宮市・甲子園球場
関東第一(東東京)に惜敗し、応援席にあいさつ後、ベンチに向かう鶴岡東の選手。観客席から惜しみない拍手が送られた=兵庫県西宮市・甲子園球場
関東第一(東東京)に惜敗し甲子園の土を持ち帰る鶴岡東の選手=兵庫県西宮市・甲子園球場
関東第一(東東京)に惜敗し甲子園の土を持ち帰る鶴岡東の選手=兵庫県西宮市・甲子園球場
関東第一(東東京)に惜敗し球場を去る丸山蓮(右端)ら鶴岡東の選手=兵庫県西宮市・甲子園球場