【プレミアリーグ】シティがまたもVARに泣く… 終始圧倒するもトッテナムに2度追いつかれドロー

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

現地時間17日にプレミアリーグ第2節が行われ、マンチェスター・シティが本拠地エティハド・スタジアムにトッテナム・ホットスパーを迎えた。

昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでの対戦から高いライバル意識が芽生えている同カード。第2節で早くも実現したビッグマッチはホーム初戦となったシティが仕掛ける。20分、ケビン・デ・ブルイネが高精度の浮き球のパスを送ると、走り込んだラヒーム・スターリングが頭で合わせて先制に成功。しかし3分後、バイタルエリアでエリク・ラメラがボールを受け、冷静に左足で流し込み、瞬く間にシティが同点に追いつかれてしまう。

【プレミアリーグ】シティとトッテナムによる“ビッグ6”対決が勃発! 新戦力ロドリとヌドンベレの中盤対決に注目! 〜第2節プレビュー〜

両者一歩も譲らないゲームの中で、輝きを放ったのはシティのデ・ブルイネだった。再三にわたりゴール前にラストパスを供給すると、35分には右サイドからグラウンダーのクロスを送りセルヒオ・アグエロの勝ち越し弾をお膳立てする。再びリードを得たシティだったものの、後半に入りトッテナムに一瞬の隙を突かれ、56分にルーカスのヘディング弾でまたも同点となる。

【チャンピオンズリーグ】壮絶な打ち合いを制したのはトッテナム!ソン・フンミンのアジア人最多得点などで初の4強入り!

勝利を手にしたいシティは後半アディショナルタイム、CKの流れからガブリエル・ジェズスが右足を振り抜いてネット揺らす。劇的勝利に思われたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の結果ゴール直前にハンドがあったとして得点が取り消しに。昨季のチャンピオンズリーグと同様の展開で、シティが2-2と白星を逃す形となった。

昨季CLと同様の展開でシティがまたも勝利を逃す