盛岡市長選告示 現新3氏が届け出

©株式会社河北新報社

 任期満了に伴う盛岡市長選は18日告示され、いずれも無所属で、新人の会社役員内舘茂氏(52)、5選を目指す現職の谷藤裕明氏(69)、新人の元岩手県議福井誠司氏(60)の3人が立候補を届け出た。投票は25日で即日開票される。

 内舘氏は盛岡広域8市町で進めるごみ処理集約化などに触れ「市民の声に耳を傾けて施策を丁寧に説明する市になるか、今のまま進むかが争点。市民30万人が幸せに暮らせる盛岡をつくりたい」と訴えた。

 谷藤氏は4期16年で進めた行財政改革や観光振興の実績を強調。「少子高齢化や人口減少で先行きが不透明な時代だからこそ、経験に裏付けられた政策を実行していくことが大切だ」と呼び掛けた。

 福井氏は高校卒業までの医療費無償化、生活習慣病の予防強化など健康増進施策を公約に掲げ「投資しなければ成長はない。市長の退職金をゼロにし、市民のために使っていきたい」と主張した。

 17日現在の有権者は24万4268人。

 ◇盛岡市長選立候補者  内舘 茂(うちだて・しげる) 52 無新  会社役員(盛岡青年会議所理事長)盛岡市、学習院大

谷藤 裕明(たにふじ・ひろあき) 69 無現(4) 市長、東北市長会長(県議会議長、県議(3))盛岡市、早大

福井誠司(ふくい・せいじ) 60 無新  会社顧問(県議(2)、盛岡青年会議所理事長)盛岡市、早大