白紙一転、横浜市がIR誘致へ

山下ふ頭候補、推進室を設置

©一般社団法人共同通信社

 横浜市がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)を誘致する方針を固めたことが19日、複数の市関係者への取材で分かった。候補地は山下公園に隣接する山下ふ頭とし、週内にも林文子市長が記者会見で正式表明する。林市長はこれまで誘致について「白紙の状態」としてきた。

 国は2018年7月に成立したIR整備法で、立地区域を最大3カ所としており、既に誘致を表明している大阪府・市、和歌山、長崎両県との競合が予想される。

 関係者によると、市は今年9月の市議会定例会に、約2億6千万円の誘致関連費用を計上した補正予算案を提出、担当職員を増員し「IR推進室(仮称)」を設置する。