『24時間マラソン』の“距離変更”にツッコミ続出「ほぼ徒歩と同じ!」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

ハリセンボン 近藤春菜

(C)まいじつ

『24時間テレビ』(日本テレビ系、24・25日)の企画『24時間マラソン』の距離が調整されることが発表され、物議を醸している。

今年の24時間マラソンは4人がマラソンでリレーする形式。『ガンバレルーヤ』のよしこと『ハリセンボン』の近藤春菜、いとうあさこに加え、未発表のランナーを1人加える。18日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(同)では、マラソンを練習する光景などが流れた。

いとうあさこと『ガンバレルーヤ』のよしこは8月上旬、30キロ走に挑戦。女芸人仲間が応援に来る場面が流れた。さらにトレーナーから「夏の中、走ることは危険」「ケガや事故を避ける」などとして距離を調整すると3人に通達された。

 

近藤とよしこは32キロ、いとうあさこは42キロに

近藤とよしこは32.195キロと決定。近藤は距離が短くなったことに申し訳なさそうな顔をしたが「ネガティブに考えることは全くない」と励まされていた。いとうは42.195キロ。当初発表されていた距離と変わらず「言われたまんま…」と思わず漏らした。この日、あと1人のランナーは番組当日に発表すると伝えられた。

ネット上では、真夏であることを考えれば距離変更もやむなしとの声もあるが、わざわざテレビ番組で挑戦する程度でもないものだという指摘も。

《よしこと春菜は走りきれそうな距離になったな。一時間5キロちょいペースでしょ?》
《(1時間5キロペースなら)そもそも走らなくてもいい距離》
《ほぼ徒歩と変わらないペースやんけ!》

また、これに乗じて、芸人がマラソンに挑戦することも疑問を呈する声も相次いだ。

《正直芸人が本気で走っても特に感動はないし、損してるだけだと思う》
《いい加減意味のないマラソンは辞めよう。毎年同じ番組の芸人ばかりの人選も微妙》
《自堕落な一発屋芸人が少し健康になる姿を見て誰が感動すんねんって話》

もはや「24時間マラソン批判」は毎年恒例。感動の走りで悪評を跳ね返せるといいが。