作新 4強ならず

中京院中京(岐阜)に逆転喫す 全国高校野球

©株式会社下野新聞社

3年ぶりの4強進出を逃し、うなだれる作新学院ナイン=18日午後1時30分、甲子園

 第101回全国高校野球選手権大会第12日は18日、阪神甲子園球場で準々決勝4試合を行い、本県代表の作新学院が岐阜県代表の中京学院大中京に3-6で逆転負けし、全国制覇した2016年以来、3年ぶりの4強入りを逃した。

 作新学院は初回、1死から松尾翼(まつおつばさ)の死球、中島義明(なかじまよしあき)の中前打で一、二塁の好機をつくると、4番の石井巧(いしいたくみ)が中越えに今大会チーム第1号となる先制の3点本塁打を放った。

 3試合連続で先発登板した主戦林勇成(はやしゆうせい)は打者の内角を強気に攻める投球で六回まで4安打無失点に抑えていたが、七回1死一、二塁から3連打で2点を返され、八回の先頭打者を四球で歩かせたところで降板した。2番手の三宅悠弥(みやけゆうや)が2者連続四球を与え満塁となり、3番手の坂主清(さかぬしきよし)が相手の7番打者に左翼ポール際へ飛び込む逆転の満塁本塁打を打たれた。9番から始まった九回の攻撃は三者凡退に抑えられた。

 作新学院は、この一戦に勝てば甲子園春夏通算40勝目だったが、一歩及ばなかった。