相葉雅紀主演「絆のペダル」がオールアップ! 宮澤崇史さんがねぎらいと感謝

©株式会社東京ニュース通信社

8月24、25日放送の日本テレビ系「24時間テレビ42」(24日午後6:30スタート)内のドラマスペシャル「絆のペダル」(24日午後9:00頃)の撮影がオールアップし、主人公のモデルとなった宮澤崇史さんが主演の相葉雅紀にねぎらいと感謝の言葉を贈った。

ドラマは、実在の自転車ロードレーサー・宮澤崇史さんとその母・純子さんの絆を描くもの。母の純子(薬師丸ひろ子)と二人三脚でプロの自転車ロードレーサーになった崇史(相葉)が、肝臓の病で倒れた純子の命を救うために生体肝移植を決心。純子は崇史の選手生命が絶たれることを恐れるが、「絶対に日本一になる」と約束した崇史が奇跡を起こすストーリー。

撮影現場に駆けつけた宮澤さんは「相葉さんが演じられることで僕のことを知らないいろいろな方に『夢を夢のままで終わらせないで』というメッセージを伝えてもらえて、ありがたいです」と感謝の思いを明かし、「僕は『自転車』が自分の人生を決めると思っていたので、目標をひとつずつクリアしながら、ただがむしゃらにやってきました。やり始めた時、賛成してくれたのは自分の母親だけ。すごいことをやろうと思っていたわけでもなく、自分の夢を諦めたくないだけでした。誰にでも僕と同じようにチャンスがあると思っています。このドラマを見て、誰に何を言われようとも自分の信じる夢に対して“まずやってみよう”という若者が出てくれたらうれしいです」と期待を寄せた。

無事に撮了した相葉も「皆さん本当にお疲れさまでした。宮澤崇史さんという方に出会い、演じさせてもらって、そして(スタッフの)皆さんとご一緒できて、本当に僕の人生の大切な宝物になりました。この役が僕は大好きで、本気で熱くなれる役だったなと思います」と感無量の様子。共演の薬師丸も「とってもいい現場で、気持ち良く演じさせていただけました。感謝いたします。見てくださる方の心に響く作品になったと思います。皆さん本当にお疲れさまでした」と笑顔を見せていた。

また番組では、いとうあさこ、ガンバレルーヤ・よしこ、ハリセンボン・近藤春菜らが挑戦する「24時間駅伝」の4人目の走者が、駅伝スタート時に発表されることも決定。ドラマ「絆のペダル」をはじめ、さまざまな企画から目が離せない24時間になりそうだ。