井上芳雄、浦井健治、田代万里生らミュージカル界のプリンスたちの素顔と魅力に迫る!

©株式会社東京ニュース通信社

テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメでは、8月25日に井上芳雄、浦井健治らミュージカル界の俳優たちの素顔と作品の魅力に迫る「プリンスロードVOL.2~2019-2020 ミュージカル大辞典~」(午後2:00)を放送する。

MCを務めるのは、ミュージカル大好き芸人のジャングルポケット・斉藤慎二と、ミュージカル「レ・ミゼラブル」のコゼット役として話題の女優・小南満佑子。そして、演劇・ミュージカルのライターである町田麻子がご意見番として参加する。

まずは、東京・帝国劇場で上演中の大人気ミュージカル「エリザベート」に出演している井上が登場し、プライベートでも仲が良い斉藤と都内のすし店で対談する。酒とすしをつまみながら、幼少期のエピソードやミュージカル俳優になったきっかけ、そしてここだけの秘話も明かされる。普段は見られない井上の素顔に注目だ。

次に、スタジオゲストとして、8月31日から東京・EX THEATER ROPPONGIでスタートする話題のミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」でヘドウィグ役を演じる浦井を招いて、作品の魅力や演じることへのプレッシャー、舞台に懸ける意気込みなどを探っていく。また、浦井の素顔を深堀りするため、「5つの質問!」と題して、最も聞かれたくない質問を〇×形式で出題。初出演した舞台「美少女戦士セーラームーン」での超恥ずかしい赤面エピソードや、女性ファンもビックリの珍回答などが飛び出す。

続いて、今年、ミュージカルデビュー10周年を迎える田代万里生が、母校である東京芸術大学でのロケを敢行する。大学構内を散策し、当時の思い出を振り返りながら、懐かしのレッスン室へ。そこで、恩師である日本を代表するバリトン歌手・直野資先生と対談する。リラックスした雰囲気の中、大学在学中の田代の印象や、直野が田代のミュージカル俳優としての才能を見いだしたエピソードなどが語られる。また、恩師の前で田代が弾き語りする貴重なシーンは必見だ。その後、母校を後にした田代は、湯島にあるウイスキーバーへ場所を移すと、そこに親友である平方元基がデビュー10周年を祝うために駆け付ける。ウイスキーベースのカクテルで祝杯を挙げた2人は、舞台での秘話や今だから語れるエピソードを告白。さらには、10月に2人にとって初共演となる日本初演ミュージカル「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」への意気込みを見せる。

最後は、9月14日から神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場で上演されるミュージカル「怪人と探偵」で、大怪盗・怪人二十面相役を演じる中川晃教と名探偵・明智小五郎役を演じる加藤和樹が登場する。推理小説の巨匠・江戸川乱歩の世界観をミュージカルで表現する本作。ミュージカル「フランケンシュタイン」以来2年ぶりの共演となる2人が、作品の見どころや互いの役どころについて、またヒロインの大原櫻子の印象などをたっぷりと披露している。