玉森裕太が木村拓哉とドラマ初共演に「緊張と期待とうれしさ」

©株式会社東京ニュース通信社

10月期にTBS系「日曜劇場」枠(日曜午後9:00、開始日未定)で放送される木村拓哉主演の連続ドラマのタイトルが「グランメゾン東京」に決定し、玉森裕太、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹らの共演も発表された。

ドラマは、かつてパリで二つ星のフランス料理店を構えていたが、慢心で全てを失った天才シェフ・尾花夏樹(木村)が、東京で「グランメゾン東京」を開店し、世界最高の三つ星レストランを目指して再起するストーリー。同じく失意の中から這い上がり、尾花と共にレストランを立ち上げる女性シェフ・早見倫子役を鈴木京香が演じる。

新たに、尾花のパリ時代の部下で現在は一流ホテルの最年少料理長を務める平古祥平役を玉森、尾花の修業時代の同僚でライバル視する丹後学役を尾上、尾花の修業時代の同僚で人気料理研究家の相沢瓶人役を及川、尾花のパリ時代の共同経営者で現在は丹後の店のギャルソンを務める京野陸太郎役を沢村が演じることが決まった。

今作が木村と初共演となるジャニーズ事務所の後輩・玉森は「大先輩である木村さんとの初共演は、緊張と期待と素直にうれしいという気持ちです。でも、楽しみな気持ちが一番大きいです。木村さんとは現場に入ってからたくさんお話する機会があると思うので、いろいろとアドバイスをいただきたいと思います。役柄としては、最初は木村さん演じる尾花に冷たく対応するので、その演技は緊張します(笑)。ですが、しっかりと演じきりたいと思います」と胸を借りて体当たりで挑みたいとアピール。尾上も「“一皿”に対して表現する料理人と、“一役”に対して表現していく役者。表現方法は違えど料理人と役者は通ずるものがあると思っていますので、歌舞伎の舞台に向かうのと変わらない気持ちで、丹後学という役に向き合いたいと思います。木村さんをはじめ素晴らしい方々と共演させていただけるので、撮影に入る日を心待ちにしています」と意欲を明かす。

また、及川は「今作はメンバーがすごい。たっくん(木村)&きっくん(尾上)の演技バトルが楽しみですね。たまちゃん(玉森)との共演も久しぶり。さらに沢村さんも京香姉さんも…とワクワクが止まりません! 取り急ぎ、感性という心の包丁をしっかり研いでおきます」と気合十分。木村とは2015年放送の「アイムホーム」(テレビ朝日系)以来4年ぶりの共演となる沢村も「木村さんは、どの引き出しを開けたらシーンが一番成立するのか、アイデアをたくさん持っている方。今回の共演も非常に楽しみにしています」と撮影開始が待ち遠しい様子だ。