「仮面ライダーゼロワン」主題歌は西川貴教とLUNA SEAのJとのコラボ!

©株式会社東京ニュース通信社

9月1日スタートの新番組「仮面ライダーゼロワン」(日曜午前9:00)の主題歌を歌うアーティストが、J×Takanori Nishikawaに決定した。作曲はLUNA SEAのヒット曲を手掛けてきたベーシストのJ。ボーカルはパワフルな歌声を響かせる西川貴教が担当。かねてから親交のあった2人が「念願だった」と語る、夢のコラボレーションがここに実現した。

主題歌「REAL×EYEZ」(リアライズ)は、パンチの効いたJのロックサウンドと西川の魂のボーカルの真っ向勝負が織りなす最高の仕上がりとなった。また、編曲は、3月にリリースした西川のアルバム「SINGularity」にも楽曲を提供しているゆよゆっぺが、DJ’TEKINA//SOMETHING名義で参加している。

西川は、令和最初となる仮面ライダーに盟友とのタッグで主題歌を担当することを喜び、「今回の作品にはAIが大きく影響しているとうかがいましたが、僕も先日、人工知能と人との関係をテーマにした『SINGularity』というタイトルのアルバムをリリースしたばかりでしたので、既に作品との強い縁を感じております」と述べ、本作への縁が深いことを明かした。

そして「男の子なら必ず一度は夢中になるスーパーヒーロー仮面ライダーに、主題歌を提供できることを大変光栄に思います」と感謝を述べたJは、「一緒にやろうと声をかけてくれた盟友、西川にも感謝です! 西川がパワフルに歌うことを想像しながら、俺たちにしか鳴らせないROCKサウンドを、また新しい仮面ライダーのイメージを創り出すことができればと思いレコーディングしました」と新たな試みへの意気込みを語った。