天皇ご一家、那須で静養

駅で市民と交流、夏恒例

©一般社団法人共同通信社

栃木県の那須塩原駅から静養先に向かわれる天皇、皇后両陛下と長女愛子さま=19日午後(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下と長女愛子さまは19日、静養のため、東北新幹線で栃木県に入られた。那須町の那須御用邸付属邸に10日ほど滞在する。静岡県下田市の須崎御用邸での静養とともに、ご一家の夏の恒例となっている。

 那須塩原駅に到着したご一家は、集まった市民らに歩み寄り、40分近く交流した。天皇陛下は「暑い中、ありがとうございます」と声を掛けて回り、ハンカチで顔の汗を拭きながら「ハンカチ王子」と冗談を言うと、市民らから大きな笑い声が上がる場面もあった。

 ご一家はその後、那須御用邸内の休憩所「嚶鳴亭」周辺を愛犬の由莉と一緒に散策した。